資金繰り(法人)・金融機関からの借入



資金繰り
資金繰り(法人)

経営者の悩みで多いのが資金繰りの悩みです

多くの中小企業の経営者が毎月の資金繰りで心配しています。資金繰りを改善するには、まず資金が足りなくなる原因を解明することから私達はお手伝いしています。
そのためには、過去の資金繰り表と将来の資金繰り予想表また資金分析のための資金運用表を作成します。
経営者の方で6ヶ月後、または1年後の資金状況を把握されている方は、ほとんどいません。

当事務所では資金状況を予測し、その予測に基づく資金プランを作成しています。その資金プランと予想資金繰り表、資金運用表の分析により、資金改善プランを提案しています。

金融機関からの借入

どの銀行と付き合うべきか
どの制度の融資を使うべきか
どういう条件で融資を受ければ会社にとってベストなのだろうか・・・

等を検討し、銀行と交渉するべきです。

当事務所では会社の資金状況を分析・把握し、適切な銀行からの事業融資の提案をしております。
会社の経営状況、資金状況にあった条件の融資を受けなければ資金が不足したり、金利が無駄になったり、また将来の融資枠が減少したりしてしまいます。
中長期の会社の資金状況を分析した融資戦略を会社に提案し、また有利な融資が受けられるように融資交渉もお手伝いしています。

資金繰り改善のポイント

POINT 1

資金繰りの改善は、まず資金の流れ(本業における資金の出入り、本業以外での資金の出入り)をきちっと把握することから始まります。

ほとんどの経営者の方は通常、資金繰り表などにより、数ヶ月先までの入出金の大まかな予定はつかんでいますが、 単なる予定表では、資金ショートの原因を明確にし、その対策を講じることはできません。

『資金繰りに行きづまる原因を追及し、その対策を検討する』
資金繰りの改善に向けての基本的な手順です。

POINT 2

資金の流れを吟味し、問題点をつかむ上で、重要なポイントは下記の2点です。

  1. 「経常収支」(経常収入-経常支出)がプラスであるかどうか。
  2. 設備投資や借入金の返済等が「経常収支」の範囲内で行われているかどうか。

本業における資金の出入り

本業以外での資金の出入り

 

PAGE TOP




当事務所はTKC全国会会員です 経営革新等支援機関認定事務所 関東信越税理士会所属